松本子ども劇場-2018年度の例会

Topへ

2018年度の鑑賞例会

子ども劇場では、プロによる生の舞台を鑑賞することを『鑑賞例会』と呼んでいます。
会員は、低学年部・高学年部のどちらかを選んで所属し、
年4回の舞台を観ることができます

No181回低学年例会/第136回高学年例会

「トラックとらすけ」

ほんわかシアター公演

≪3才~ファミリー向け≫

トラックとらすけのチラシクリックで拡大

チラシの裏面はこちら

2018年6月23日(土)

11:00開演 (10:45開場)

会場 ゆめひろば庄内

おはなし

トラックとらすけは、泣き虫弱虫。

今日も、スポーツカーにばかにされて、しょんぼり。

そんなとらすけの前で、

ポンコツのおじいさんトラックが故障してしまいました。

 

ちっちゃなトラックとらすけが、走る!走る!

ガタボコ道も、大きな山も越えるんだ!

走れ!!走れ!荷物を載せてカバの赤ちゃん待っててね~!

 

演出/本若幸多

音楽/シモシュ

人形美術/小辻賢典

出演/加藤K子・森たまみ・ながたひとし

 

 

併演「飛び出す紙芝居

「うさぎとかめ」

プレイベント! 第1弾!
トラックとらすけパーティ

 牛乳パックで、君だけのカッコイイ「トラックとらすけ」を作って遊ぼう。

荷台にお弁当を載せて、オリジナルお子様ランチをみんなで食べるよ!

お友達も誘って、み~~んなで一緒に楽しみましょう

 

日時:4月15日(日) 10:30~14:00

会場:鎌田地区公民館(旧西部公民館)

詳しくはこちら→

6月は子ども劇場入会のチャンス!!

入会金無料キャンペーン実施中!!

 

今入会すると、通常一人500円の入会金が無料になります。

遊び会「2万個の積み木で遊ぼう」にも、会員価格で参加可能!!

今が入会のチャンスです!!

 

子ども劇場について詳しくは、こちら

 

プレイベント第2弾 ほんわか講演会

「トラックとらすけ」丹下進の魅力

~人形劇で育つ子どもの心~

日時:5月20日(日)15:00~16:00

会場:なんなんひろば

 

人形劇団やまんば代表の岩井田紀子氏をお迎えして、人形劇が持つ魅力や「トラックとらすけ」の原作者丹下進さんのことなどお話していただきます。

より例会が楽しみになること間違いなし!

楽しかったね「トラックとらすけ」

当日の感想から~

★さいごがたのしかったです。(7才男)

★うさぎとかめとトラックのところ、歌のところが面白かったです(5才男)

★とらすけがとてもゆうかんで、作ってみたいです。今日は楽しかったです(8才女)

■■大人の感想■■

■とても面白かったです。仕掛けも面白いものばかりですごいなーとみていました。心が温かくなってなんだか涙が出そうになりました。ありがとうございます

■人形がとってもかわいかったです。歌もセリフもお話もとても上手で面白かった。エンジン音をあんな風に面白く表現でき、すごいと引き込まれました。子どもも体を揺らして笑っていました。ほんわかしました。

■楽しいおはなしでした。娘は初めは表情が硬かったのですが、少しするともう笑って歌も体をユラユラして楽しめていました。おとなも本当に楽しませてもらいました。また違うものを見てみたいです。ぜひ来年も!!(8才女&大人)

お当番さんおつかれさま

今回のお当番は、1年生中心に頑張りましたよ~

 

参加人数 79名/参加率 53.6%

第182回低学年例会/第137回高学年例会

4つの季節の物語《PORY ROKU》

 

 

≪4才~ファミリー向け 舞台劇≫

チラシの画像画像クリックで、拡大

クリックで裏を表示

2018年8月5(日)

14時開演(13:30開場)

松本市波田文化センター
(アクトホール)

全席指定

 

この公演は波田アクトホールの主催公演です。

 

「2016年に上演された「四季《ポーランド》」の動画はこちら

 

チケットはお手元に届きましたか?

7月のお便りと一緒にお届けしています。ご確認ください

まだの場合は、事務局にご連絡ください。

チケットを忘れると、入場できませんのでご注意ください。

サンカク・オンガク・カンカク

舞台にあるのは、無数の三角形

そして、ポーランドの人形劇俳優と、

日本の音楽的道化師マシュ&Kei

聴こえてくるのは、セリフでなく、

生演奏と歌とオノマトペ

訪れる季節の愛にあふれるエピソードを、

観て、聴いて、感じてください

 

 

2016年、「四季<ポーランド>」は、飯田人形劇フェスタ実行員会がプロデュースし、日本・ポーランド共同制作で創られました。

9月には、ポーランドのアニマツィ人形劇場で上演され絶賛されました。

今回さらに内容をブラッシュアップして、「4つの季節の物語」となり、全国ツアーが行われます。

飯田人形劇フェスタに続いて、松本でも上演されます。

 

プロフィール

【出演】テアトル・アニマツィ

1945年にポーランドのポズナン市に国立人形劇場として発足。3つの人形劇専用ホールを持ち、劇団員は現在50名、年間450公演を行う、ポーランドを代表する人形劇団の一つ。

今回出演する3人は、劇団を代表する演技者で、初演時と同じメンバー

 

【出演】ましゅ&Kei

95年よりMUSIC CLOWN~音楽的道化師~として、全国各地の劇場、学校、イベント等で公演を行う。
音楽とクラウン芸を融合させた、日本では珍しい「ミュージッククラウン」としての活動を展開。
国内はもちろん、海外での公演やフェスティバルにも多数出演。
06年、長年の東京生活から一転、長野県飯田市にIターン、信州に拠点を移す。

 

【演出】くすのき燕

人形芝居燕屋として、松本子ども劇場でも人形劇「ネズミのすもう」(2014年)「はなさかじじい」(2015年)などの例会で出会っています。。

近年、演じるだけでなく他劇団の演出を、多く手掛けるようになり、その評価は高い。

松本在住。


《PORY ROKU》

▲▽冬△▼  雪山で遊ぶウサギたち

▼△春▲▽  花がさき、チョウがとぶ

4つの季節の物語 舞台写真「花が咲き、蝶が飛ぶ」

▽▲夏▽▲    カニ・カニ・カニ

4つの季節の物語 舞台写真 かに

▽▲秋▼△  キツネがメンドリを狙ってる

4つの季節の物語 舞台写真「狐とめんどり」

  

No183回低学年例会

たかはしべんコンサート 
「おおきなかぶちいさなかぶ」

たかはしべん音楽事務所

≪2才から低学年向け 音楽≫

おおきなかぶチラシクリックで拡大
チラシの裏面を表示

2018年11月18日(日)

11:00~12:10 開場10:45

あがたの森文化会館 2-7

べんさんの不思議なうたコンサート

たかはしべんお、お話唄シリーズ第7弾

「おおきなかぶとちいさなかぶ」

みんながしっている

「おおきなかぶ」のおはなしを、

たかはしべんならではの

アレンジで歌い語ります。

38年変わらない、化石のような

たかはしべんの あそび歌です。

みんなでいっしょにチカラを合わせて。

子どもの幸せを真ん中に。

プログラムから

・深き大地

・おまじない

・おおきなかぶちいさなかぶ

・いいの!

・キャーのうた

・東北さいこう

・息子に・・・他

たかはしべんプロフィール

38年間子どもの幸せを願い歌い続ける。

「子どもを否定する社会に未来はない」(オードリーヘップバーン)

子どもたちに、いのちの大切さ、みんなと一緒に生きる大切さ、身近な問題をわかりやすい歌詞で語り掛け、子どもたちに生きる力と勇気を語り続けている

べんさんの写真

No138回高学年例会

たかはしべんコンサート

たかはしべん音楽事務所

≪高学年例会 音楽≫

べんさん 高学年チラシクリックで拡大

2018年11月17日(土)

18:30~20:00

開場18:15

あがたの森文化会館

べんさんのHPはこちら

雨ニモマケズ
  おとなにもマケズ
    じぶんにも・・・

★いのちの輝きを歌に込めて

 たかはしべんは、少しつらい子ども時代をおくりました。だから人生にハンディを超えた子どもたちが気になります。

 そして、どんな子どもも多かれ少なかれ心に葛藤をもって生きています。

苦しみや悲しみは笑顔で乗り越えよう!たかはしべんは歌い語ります。

「すべての子どもたちをたかはしべんさんに合わせてあげたい」そんな声をいただいています。

「楽しかった思い出は生きる力になる」

楽しく笑い転げなら、あたたかい いのちのメッセージいっぱいのコンサートです。

曲目

早めぐりの歌

セロ弾きのゴーシュ

シグナルとシグナレス

自分で

息子に   他

たかはし べん(シンガーソングライター)

べんさんは「ロシア・アフリカ・アジア」など世界25か国を旅しました。

また日本全国で、チャリティー、学校、子ども劇場・おやこ劇場など4000回のコンサートで歌いました。

音楽活動38年で400曲を作詞作曲。

「子どもの笑顔」が大好きなべんさんです。

たかはしべん三の写真

≪活動歴≫

*「世界はあなたに」 たかはしべん作詞/
  中学1年生「道徳」教本に掲載

*歌物語「子ども料理店」「へんちょこりんなうた」
 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財

*平成21年度文化庁「舞台芸術の魅力発見事業」

*平成23年度次世代を担う子供の文化芸術体験事業に出演

*NHK「おはよう日本」「ラジオ深夜便」等に出演

★高校生企画★7/1 高学年のつどい&お当番会やりました

なんど・・・BIGパフェ作ったよ~!

バケツみたいな大きな入れ物に、コーンフレーク、生クリーム、マシュマロ、スポンジケーキ、くだもの、バニラアイス、・・・などなど たっぷり入れて、好きなお菓子でトッピング!

たかはしべんさんのお話をしたり、遊んだり、劇場でやりたいことも話しました!

 

No184回低学年例会

まいごのおまわりさん

よろず劇場とんがらし

2才から小学生向け ≪人形劇≫

まいごのおまわりさん

2019年2月24日(日)

tongarasiのロゴよろず劇場とんがらしのHPはこちら

~10種類以上のマジックと
超絶腹話術の
ファンタジックイリュージョン~

おまわりさんはやる気がありません。道案内もいい加減、あくびはかり。頼まれた交通安全教室も、やる気ナシ。

そんなある日、「とんちゃん」という男の子と出会います。

男の子は落とし物のハンカチを届けに来たのです。

でも、おまわりさんはそれをごみ箱に捨ててい返してしまいます。

ところがその後、おまわりさんの周りで次々と不思議なことが・・・・・

お巡りさんは大パニック!!!!!!

「帰ろう・・・・今日はもう帰る・・・・僕の家はどこ???僕の名前は・・・・」

迷子になったおまわりさんは途方に暮れてしまいます。

 

迷子になった自分と、自分の夢を取り戻すまでを、おとぎ話を交え、マジックと腹話術の技術を駆使してコミカルに演じます。

よろず劇場とんがらしは・・・

「よろず劇場とんがらし」は、全国のおやこ劇場子ども劇場、幼稚園、保育園を中心に年間180ステージを越える公演活動をしている、一人芝居の専門人形劇団です。

10年間の保育者としての経験を生かし、子どもたちとの心のふれあいを大切にしています。

 

 

 完全リメイク

とんがらし渾身の最新作!

 

No139回高学年例会

らくだ

はぐはぐカンパニー

≪高学年例会 舞台劇≫

らくだのちらしクリックで拡大

2019年3月3日(日)

 

 

はぐはぐの石黒と

紙芝居のたっちゃんが

タッグを組んだ

衝撃の笑劇がついに実現

おはなし

昭和13年、らくだと呼ばれる男に

自転車をとられた紙芝居やの辰三は大弱り。

なんとか返してもらおうと、らくだの長屋を訪ねると・・・。

落語で有名な「らくだ」を大胆にアレンジした傑作喜劇。

その結末はナミダと笑いのオンステージ。

キャスト・スタッフ

脚本・演出/麻創けい子

音楽/ノノヤママナコ

人形美術/小辻賢典(人形劇団むすび座)

出演/石黒 寛・たっちゃん

上演に寄せて

あの時代横丁の座長、

名物ジイサン石黒が、

紙芝居のたっちゃんにラブコール、

3年越しの実現とあいなった。

演目は、落語で有名な「らくだ」。

今は亡き勘三郎さまが演じ

話題をさらった名作を、

人一倍汗かきの二人、

最前列はビチョビチョだ。

脚本・演出は麻創けい子。

豪腕で男ふたりをバッサリと料理する。

 

巷で会うと和むと評判な二人。

みんなで和んで癒されて

泣いて笑ってリフレッシュ

話は尽きない、

請う御期待でござりまする。